カート
商品を絞り込む
出品者で選ぶ
商品グループで選ぶ
コンテンツ
ユーザー

A Place In The Sun

三陸やまだ漁協 産直市場は
漁師自身が商品と価格を決めるネットショップです。

私たちが牡蠣やホタテを養殖している山田湾はリアス海岸で知られる三陸海岸のほぼ中央に位置します。2011年の東日本大震災では、大津波で養殖いかだや船、荷捌き施設などが大きな被害を受けましたが、三陸やまだ漁業協同組合の「復興カキオーナー」制度などによるご支援や全国からのボランティアのみなさんのご協力により、山田湾内にはふたたび多くの養殖いかだが並び、浜にも活気が戻ってきました。

全国、そして世界中からのご支援に、あらためて感謝申し上げます。

東日本大震災の起きた3月上旬はちょうど牡蠣の出荷が最盛期を迎えていました。しかし、あの大津波は成長した牡蠣ごと養殖いかだを飲み込み、大半の牡蠣は出荷できなくなりました。いかだの多くは使えなくなり、再び養殖を再開できる状態にするのに1年近くを要しました。

私たちの牡蠣の多くは出荷まで通常2〜3年かけて育てています。それまでのあいだ、思うように出荷できず、もどかしい日々を送りました。

震災より7年。震災の影響や漁師の高齢化によって養殖いかだの数は震災前よりは減ったものの、ようやく生産量は回復してきました。

そんな今だからこそ、山田を応援してくれる方々に山田の海産物を直接届けたい、との思いでこのネットショップを立ち上げました。

産直やマルシェで生産者の顔の見える野菜を買うように、
漁師の顔の見える新鮮な海産物を食べてほしい。

三陸やまだ漁協 産直市場では、一般的な販売ルートと同じように漁協が組合員の漁師から買い取った商品を販売するページと、さらにそれぞれの漁師がみなさんに食べてほしい商品が並ぶ漁師個人のページを開設しています。

このネットショップの最大の特徴は、三陸やまだ漁協に所属する漁師が自分たちで「これを売りたい」と選んだ一押しの商品を自分たちで決めた価格で販売することです。一見、同じように見える商品でも、漁師が自分で立てた販売戦略にもとづいて価格を決めているため、漁師によって値段も違います。

牡蠣やホタテといった定番商品はもちろんのこと、収量が少なかったり日持ちが短いなどの理由で通常は地元にしか出回らない都会の消費者にとってはレアな貝類、海藻類もこのネットショップには並びます。

三陸やまだ漁協の初めての挑戦。漁師が自信を持っておすすめする産地直送の海の幸をぜひ味わってください。